サッカー

【サッカー】堂安律が新天地ビーレフェルトでの躍進に意気込む「貢献したい」

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

今季PSVから1年間のレンタルで、ドイツ1部アルミニア・ビーレフェルトに加わった日本代表MF堂安律が、ドイツでの躍進を誓った。

堂安律はブンデスリーガのデビュー戦となったフランクフルト戦を「とてもタフな試合だった」と振り返った。その言葉をドイツ『Kicker』が伝えている。

「右ウイングが僕にとって一番気に入っているポジションです。そこで起用されましたが、監督には10番の位置でもプレーできると伝えていました。でもどちらで出場しても問題ありません」

第1節、敵地でのフランクフルト戦は勝ち点1を分け合う結果となった。堂安は「とてもタフで、エキサイティングな試合でした。引き分けで勝ち点1に値する内容だったと思っています。僕らはいいプレーができました」と、開幕戦の結果に言及している。

堂安はドイツにやってきた決断について「簡単なことではありませんでしたが、この選択は間違いではなかったと思っています。これからもっとコンディションを上げ、ビーレフェルトのために貢献したい」と語っている。

記事では“このトリッキーなアタッカーにはビーレフェルトとともに改善の余地はあるが、チームをより上へと導く才能を秘めている。そしてそれは多くのファンの目を惹きつけるだろう”と締めくくり、日本人MFへ期待を寄せた。