【サッカー】日本代表の森保一監督、東京五輪に照準「目標は決まっています」

日本代表の森保一監督
日本代表の森保一監督日本代表の森保一監督

1日に行われた天皇杯決勝、ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズの一戦は2-0で神戸が勝利。東京オリンピックのメインスタジアムである、新国立競技場で行われた初公式戦で戴冠を果たした。

この試合『NHK』の生中継で番組に出演したサッカー日本代表の森保一監督が、2020年への意気込みを示している。

8日に開幕となるU-23 AFC選手権については 「他のアジア諸国は出場に向けて真剣勝負してくると思います。我々は(ホスト国のため)出場権を持っていますが、アジアの頂点に立って、東京五輪へ自信を持って向かいたい。東京五輪に向けてシミュレーションになると思います」と語った。

「(2020年の)目標は決まっています。あとは私ができることを全力でやるだけです。選手やスタッフが一生懸命にやってくれているので、心強い仲間が多く、すごく楽しみにしています」

東京五輪に照準を定めた一方、五輪で3人まで年齢制限なしでメンバー入りが可能となるオーバーエイジ枠について「オーバーエイジを含めて競争だと、選手には伝えています。助けとなってくれるオーバーエイジを考えながら、チーム作りを進めていきたい」と触れている。

「プレッシャーはありますがストレスはない。思い切って選手やスタッフの持っている力を出し、我々を支えてくれる人たちと一緒に目標に向かって進んでいきたいですし、必ず結果を残したいと思います」

  • 男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

    男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!