【サッカー・日本代表】キリン杯|ベネズエラに1-4で完敗。前半だけで4失点、攻守に課題

後半20分から出場した山口蛍が1点返したものの、逆転はならなかった(写真はロシアW杯)
後半20分から出場した山口蛍が1点返したものの、逆転はならなかった(写真はロシアW杯)後半20分から出場した山口蛍が1点返したものの、逆転はならなかった(写真はロシアW杯)

11月19日、大阪のパナソニックスタジアム吹田で「キリン・チャレンジカップ2019」が行われ、日本代表はベネズエラ代表に1-4で敗れた。 “サムライブルー”日本代表は、前半だけ4失点。後半に山口蛍(ヴィッセル神戸)が1点を返したものの、相手の固い守備に苦しみ、完敗に終わった。

14日にキルギスでワールドカップ2次予選を戦い、首位を維持した“サムライブルー”日本代表は、1年前に対戦したベネズエラ代表と再び対戦。前回は1-1の引き分けに終わり、今回こそ勝利が欲しいところだったが、前半8分にサロモン・ロンドン(大連一方)に打点の高いヘディングを決められ、先制を許す。

さらに、前半30分には右サイドのペナルティエリア内からの低い折返しを再びサロモン・ロンドンに決められ、突き放される。その3分後には、左サイドからの高いアーリークロスを落とした折返しに詰めたサロモン・ロンドンに3点目を許し、ハットトリックを達成されてしまう。守備を立て直す間もなく、38分には右サイドからの低い折返しを、2列目から走り込んだジェフェルソン・ソテルド(サントス)に鮮やかに決められ、0-4で前半を終えた。

逆転を目指す日本代表は、相手ゴール前に攻め込むものの、ベネズエラの守備陣を崩すことができない。後半24分に左サイドからボールを受けた山口蛍が、強烈なミドルシュートを放つ。これがディフェンダーに当たり、コースが変わったボールはゴールに吸い込まれた。試合はこのまま1-4で終了。

12月10日から始まる「EAFF E-1 サッカー選手権」に向けて、課題と不安が残る完敗となった。

東京五輪の詳細はコチラ:【東京オリンピック出場枠争い】サッカー:久保建英の東京五輪出場に黄色信号? 開催国の日本と6大陸の代表国が世界王座をかけて激突

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!