サッカー日本代表・吉田麻也がサウサンプトンとの契約満了を発表 「"We march on"の気持ちを忘れないで」

サウサンプトンとの契約を満了した吉田麻也
サウサンプトンとの契約を満了した吉田麻也サウサンプトンとの契約を満了した吉田麻也

6月30日、サッカー日本代表・吉田麻也が自身のSNSを更新し、サウサンプトンとの契約満了を報告した。吉田は2012-13シーズンからイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに在籍。現在は、19-20シーズン終了までの期限付き移籍でイタリア・セリエAのサンプドリアに所属している。

吉田は自身のSNSで、6月30日いっぱいでサウサンプトンとの契約が満了することを報告。「この8年間、全力を尽くしてきましたが、皆さんからはそれ以上のものをいただきました。言葉では言い表せないほど感謝しています」とサウサンプトン在籍期間を振り返り、思いをつづった。また、「チームメイト、スタッフ、友人、ファンの皆さんにきちんとしたお別れができなかったことが悔やまれます。常に "We march on"(クラブスローガン)の気持ちを忘れないでください。いつかまた会える日が来ることを願っています。ありがとうございました」とコメントした。

契約満了を報告した吉田のSNSには、「ありがとう。あなたは常にセインツファンの心の中に残るだろう」、「最高のセンターバックだった」、「とても寂しいけど、幸運を祈っている」などと、ファンから多くの惜別のメッセージが寄せられている。

吉田は2012-13シーズンから7年半の間サウサンプトンに在籍し、日本人最多となるプレミアリーグ通算154試合に出場した。今シーズンは出場機会が減少し、2020年1月からシーズン終了までセリエAのサンプドリアに期限付き移籍をしている。日本代表としては2度のワールドカップ(W杯)など、通算100試合に出場。ロシアW杯後は長谷部誠に代わりキャプテンを務めている。またU-23代表としても、2008年北京、2012年ロンドンと2度のオリンピックに出場している(ロンドン大会はオーバーエージ枠)。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!