サッカー日本代表、新ユニフォームを発表...東京五輪でも着用

日本代表が東京オリンピックで着用する新ユニフォーム(写真は久保建英)
日本代表が東京オリンピックで着用する新ユニフォーム(写真は久保建英)日本代表が東京オリンピックで着用する新ユニフォーム(写真は久保建英)

11月6日、日本サッカー協会(JFA)は日本代表が東京オリンピック(TOKYO2020)などで着用する新ユニフォームを発表した。コンセプトは「日本晴れ(ニッポンバレ)」で、日本伝統の浮世絵から着想を得た5色の青が使用されたグラフィックとなっている。

背面には青空をイメージ無地のスカイブルーが採用された。またユニフォームには、アンビグラム作家・野村一晟氏とのコラボレーションで制作した「日本晴れ」のサインオフが配されている。逆さまにして読むと、男子は「侍魂」女子は「撫子魂」の文字が浮き上がる。

新ユニフォームは来年の東京オリンピックの男女代表など、すべての代表チームが着用する。最初に着用される試合は11月10日に北九州市で行なわれるMS&ADカップ2019の日本女子代表(なでしこジャパン)対南アフリカ女子代表となる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!