サッカー

【サッカー】日本代表・柴崎岳がスペイン2部CDレガネスに移籍

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

スペインサッカー2部リーグ(ラ・リーガ・セグンダ・ディビシオン)・CDレガネスは9月4日、日本代表MF柴崎岳が加入することで合意に達したと発表した。柴崎はデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャからの移籍で、契約期間は3年となる。

レガネスは公式サイトで柴崎を「ボールを扱う技術に長けたミッドフィールダーで、中盤でもそれより前のポジションでもプレーすることができる」と紹介。会見は9月7日に行われる予定としている。

柴崎は2011年から2016年まで、Jリーグの鹿島アントラーズに在籍していた。2017年1月にスペイン2部・CDテネリフェに移籍。同年7月にヘタフェCFへ加入し、スペイン1部デビューを果たした。2019-20シーズンは2部のデポルティーボに所属し、公式戦27試合に出場した。

日本代表としてはこれまで45試合に出場。2018年にロシアで行われたFIFAワールドカップでは、全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。