【サッカー】東京五輪の南米予選、ブラジル、アルゼンチンなど決勝ラウンド4チームが決定

U-23ブラジルが4連勝で決勝ラウンドへ
U-23ブラジルが4連勝で決勝ラウンドへU-23ブラジルが4連勝で決勝ラウンドへ

東京オリンピックのサッカー競技で、南米予選に該当する「2020 CONMEBOLプレオリンピックトーナメント」の決勝ラウンド進出4チームが決定した。

現地時間1月31日に行われたU-23ブラジルvsU-23パラグアイは、2-1でブラジルが逆転勝利。これでブラジルは4連勝となり、グループB全勝で勝ち上がりとなった。

直前に行われたU-23ボリビアvsU-23ペルーは2-1でボリビアが勝利。この結果グループBの2位に入ったウルグアイが4強進出を決めた。

グループAからはすでに1位アルゼンチン、2位コロンビアの勝ち上がりが決まっており、決勝ラウンドの顔ぶれはブラジル、コロンビア、アルゼンチン、ウルグアイに確定。決勝ラウンドではこの4チームによる総当たりのリーグ戦が行われる。

決勝ラウンドは2月9日まで行われ、上位2チームが東京オリンピック出場となる。

  • 男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

    男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!