【サッカー】東京五輪世代DF板倉滉は今季限りで期限付き移籍終了へ…来季はマン・Cから再レンタルか

東京五輪世代の一人として注目を集める板倉滉
東京五輪世代の一人として注目を集める板倉滉東京五輪世代の一人として注目を集める板倉滉

現在、エールディヴィジのフローニンゲンでプレーしている東京五輪世代、DF板倉滉は、今季限りでレンタル元へ戻る見通しのようだ。

オランダ地方メディア『Groninger Gezinsbode』はフローニンゲンの今季終了後の動きに早くも注目し、その動向を予想している。

「フローニンゲンは今夏、慌ただしいオフを迎えることになるだろう。最終ラインでプレーする主将マイク・テ・ウィーリクはダービー・カウンティに、ジャンゴ・ヴァーメルはユトレヒトへ戻る予定」

「デヨファイシオ・ゼーファイクは2021年まで契約を残しているものの、今夏移籍の可能性が高い。マンチェスター・シティからレンタル中、板倉滉のリース契約は今季限りで終了。おそらく守備陣で来季も残るのは、バルト・ファン・ヒントゥムぐらいと予想される」

1997年生まれ、現在23歳の板倉は2019年1月に保有権を持つ川崎フロンターレからマンチェスター・Cに完全移籍を果たした。だがイギリスで労働許可証が下りないという理由もあり、すぐさまエールディヴィジのフローニンゲンへ貸し出されていた。

初年度の18-19シーズン後半戦こそフローニンゲンで出場機会に恵まれない板倉だったが、オランダ2年目となる今季はここまで、リーグ戦21試合でピッチに立った。全公式戦で28試合に出場するなど、主力の一人に定着。今夏の東京五輪を前にして、U-23日本代表主軸の一人としても期待を集める存在となっていた。

だが板倉は今季限りで、保有権を持つマンチェスター・Cに戻る見通しとなっているようだ。もしマンチェスター・Cに戻った場合、就労ビザの関係で来季は再レンタルとなる可能性が高い。その場合どのチームに新天地を求めることになるのか、引き続きその去就が注目される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!