【サッカー】東京五輪、アジア最終予選のGL組み合わせが決定…日本は中東3カ国と同組

AFCU-23選手権で森保ジャパンはグループB
AFCU-23選手権で森保ジャパンはグループBAFCU-23選手権で森保ジャパンはグループB

26日、アジアサッカー連盟(AFC)は、AFC U-23選手権2020の組み合わせ抽選会を行った。この結果、日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同じグループBに入った。

2020年1月にタイで開催される同大会は、16カ国が4つのグループに別れ、各グループ上位2チームが準々決勝へと進出する。東京オリンピックのアジア予選も兼ねており、上位3チームが五輪への切符を手にする。

五輪開催国である日本はすでに本大会の出場を決めているが、日本がもし4強以上へと勝ち進んだ場合、3位決定戦が行われず、準決勝進出の4チームがすべて五輪出場を決めることになる。

また、注目されていた元日本代表西野朗監督が率いるホスト国、タイ代表はグループAで、イラク、オーストラリア、バーレーンと同じ組になった。

AFC U-23選手権グループリーグの組み合わせは以下の通り。

●グループA

タイ、イラク、オーストラリア、バーレーン

●グループB

カタール、日本、サウジアラビア、シリア

●グループC

ウズベキスタン、韓国、中国、イラン

●グループD

ベトナム、北朝鮮、ヨルダン、UAE

  • アテネ2004サッカー男子でイラクがポルトガルに勝利

    アテネ2004サッカー男子でイラクがポルトガルに勝利

  • ブラジルがサッカーで初のオリンピック金メダルを獲得

    ブラジルがサッカーで初のオリンピック金メダルを獲得

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!