サッカー

【サッカー】53歳210日でJ1出場、三浦知良の偉業をFIFAも称賛「バンザイ!キング・カズ」

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

23日に行われた明治安田生命J1リーグ第18節、川崎フロンターレ戦で横浜FCの三浦知良がJリーグの最年長出場記録を更新した。

今季、三浦がJ1の試合に出場するのはこれが初めて。J1のピッチに立つのは実に13年ぶりとなり、53歳210日(53歳6カ月28日)でJ1最年長出場記録を樹立。中山雅史が持っていた45歳2カ月1日のJ1最年長出場記録を大きく更新している。

三浦は56分にベンチへと下がった。試合は3-2で、横浜FCが川崎に敗れている。

1部リーグでの最年長記録更新を受け『FIFA』(国際サッカー連盟)は公式SNSを通じてカズの偉業を称賛。「バンザイ!キング・カズ!三浦知良が53歳210日でJリーグでの史上最年長プレーヤーとなりました。中山雅史が記録していた45歳2カ月1日を大きく更新した」と、大ベテランの偉業を称えている。