【サッカー】AFC U-23選手権に森保一監督が意気込む「結果と成長を求めていきたい」

日本代表の森保一監督
日本代表の森保一監督日本代表の森保一監督

AFC U-23選手権で、日本代表は9日に初戦のサウジアラビアと激突する。この一戦を前に、森保一監督が会見で大会に向けてコメントを発した。

日本はサウジアラビア、シリア、カタールと同組になっているが、森保監督は「同じグループに強豪国がいる。その中で一戦一戦難しい試合になるが、勝利を目指してチーム一丸で戦う。結果と成長を求めながらチャレンジする戦いをしていきたい」と意気込みを示している。

「選手たちには生き残りということ、まずは五輪という大きな舞台に向けての競争と伝えている。ただ五輪だけでなく、その先のA代表で、世界で戦う目標を持って競争をしてほしい。生き残りを煽ることはしたくないけれど、サッカー選手を続ける限りはこの競争は続くものだと思う。プレッシャーを力にしてやってほしいと伝えてある」

初戦の相手、サウジアラビアに対しては「個のうまさ、強さがあり、組織的に戦える力を持った相手。非常に難しい戦いになる」と述べ、警戒心を示した。

同大会は東京五輪のアジア予選も兼ねている。五輪のホスト国として日本はすでに本大会出場が決まっているが、U-23選手権は日本にとっては五輪前の強化を想定した公式戦という位置付け。日本は1月9日の初戦でサウジアラビアと激突。12日にシリア、15日にカタールと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!