サッカー

【サッカー】「#atarimaeni CUP」準決勝:法政大学と東海大学が決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

大学サッカー全国大会「#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう!」準決勝が、1月21日に味の素フィールド⻄が丘(東京都北区)で行われた。法政大学が早稲田大学を2-0、東海大学が順天堂大学を1-0で下し、それぞれ決勝に進出した。

#atarimaeni CUP 準決勝:結果

法政大学(関東第7代表)2-0 早稲田大学(関東第3代表)

東海大学(関東第9代表)1-0 順天堂大学(関東第6代表)

#atarimaeni CUPについて

大会正式名称は「#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう!」。新型コロナウイルス感染拡大による夏の全国大会「総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」、および冬の「全日本大学サッカー選手権大会」の中止を受け開催。夏冬の全国大会をひとつにした、2020年度のみの特例の大会となる。

参加チームは、各地域大学サッカー連盟より選出された合計32チーム。大会はトーナメント方式で行われる。試合時間は90分で、90分を終了して勝敗が決しない場合は前後半15分ずつの延⻑戦を実施。それでも決しない場合にはペナルティキック方式(PK戦)により勝敗を決定する。

日本サッカー協会公式サイト

全日本大学サッカー連盟公式サイト