サッカー

【サッカー】CLグループ第1節で南野拓実が途中出場し勝利に貢献…中島翔哉は今季初出場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

現地時間10月21日、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグのグループリーグ第1節が各地で行われ、日本人選手もピッチに立った。

グループD、アヤックス(オランダ)vsリヴァプール(イングランド)では南野拓実がサディオ・マネとの交代で60分から途中出場。1点をリードした状態で出場時間は30分ほどながら、攻撃的なプレーを見せ、敵地での0-1勝利に貢献している。

オリンピアコス(ギリシャ)vsマルセイユ(フランス)では酒井宏樹がフル出場を果たすも、スコアレスで迎えた90分にマルセイユは失点し、1-0で敗れる結果に。ベンチ入りした長友佑都は出場機会がなかった。

中島翔哉所属のポルト(ポルトガル)は敵地でマンチェスター・シティ(イングランド)と戦い、3-1で敗れる結果に。中島は77分からピッチに立ち、今季の公式戦初出場を果たしている。

グループAのザルツブルク(オーストリア)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア)では、2-1でザルツブルクがリードしている73分より奥川雅也が途中出場。だがその2分後L・モスクワに同点弾を決められ、試合は2-2で勝ち点1を分け合う結果となっている。

UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ第1節結果(UEFA公式サイト)