【サッカー】E-1選手権・最終節|森保ジャパン、完封負けで優勝を逃す。韓国が3連覇

日本代表は、鈴木武蔵ら攻撃陣が不発。完封負けで優勝を逃した
日本代表は、鈴木武蔵ら攻撃陣が不発。完封負けで優勝を逃した日本代表は、鈴木武蔵ら攻撃陣が不発。完封負けで優勝を逃した

現地時間の12月18日、EAFF E-1サッカー選手権で、日本代表“森保ジャパン”は第3戦でホスト国の韓国と対戦。敵地で0-1で敗れ、優勝を逃した。優勝した韓国は、3大会連続5度目。

ともに2連勝同士の対戦ながら、得失点差で優位に立つ日本代表。引き分け以上で優勝という条件を活かせなかった。優勝には、勝利しかない韓国代表は、立ち上がりから積極的に前に出る。ロングボールをうまく使いながらスピード溢れる攻撃で日本を押し込むと、再三チャンスを作る。

どうにか我慢してきた日本代表だが、前半28分に試合が動く。カナダのバンクーバー・ホワイトキャップスでプレーする黄仁範が、ペナルティエリア手前から左足一閃。鋭い弾道のボールが、日本のゴールに突き刺さった。

その後も韓国の勢いに飲まれ、後手に回り続けた日本代表は、そのまま打つ手なく試合終了を迎えた。日本代表と同様に韓国代表もソン・フンミン(トッテナム)ら欧州主力組を欠いており、チームの完成度、選手層の厚さで差を見せつけられる結果となった。

東京五輪、男女でメダル獲得なるか|【東京オリンピック出場枠争い】サッカー:開催国の日本と6大陸の代表国が世界王座をかけて激突...久保建英の東京五輪出場は?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!