サッカー

【サッカー】FIFAが3~4月の代表戦は中止すべきとの見解…一般市民のプレーヤーにも注意喚起

FIFAが声明を発表

現地時間13日、国際サッカー連盟(FIFA)は新型コロナウイルスについて、予防のための新たな声明を発表した。

その中でFIFAは、3月~4月に予定されていたインターナショナルマッチウィークについて、すべての代表戦を見送るべきだと説いている。

「新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しているため、公共交通機関などを用いた国家間の移動が困難となっている。FIFAは現在の状況を踏まえ、代表戦を開催することについては、見送る方向性が適切な判断だと認識しています。個人による感染症リスクが高まるだけでなく、これによりグループ全体が活動停止となる可能性も十分に考えられる。これはプロスポーツのフットボールだけでなく、一般のプレーヤーも同様です」

「フットボールの試合については、不必要なリスクが生じる状況は避けるべき。3~4月に予定されていた代表戦は、安全が確保されない限りは見送るべき。これについて、決定は各競技主催者と、関連する各協会に委ねられている」

FIFAは「国際公衆衛生当局(WHO/世界保健機関)と密に話し合い、専門家のアドバイスを受けてこの措置が適切だと判断した。現状はこの方針で問題と立ち向かうべきだと認識している」との見解を示した。

現在、世界各国で感染拡大に歯止めがかからず、パンデミックとなっている新型コロナウイルス。FIFAは代表戦を当面のところ中止する方針を示しただけでなく、サッカーをプレーする一般市民に対しても注意を促すなど、感染症予防の重要性を改めて強調している。