【サッカー】Jリーグ、サポーターがナチス連想の旗を振った京都に罰金100万円

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)は6月8日、J2・京都サンガF.C.に対する懲罰を決定したと発表した。2月9日のプレーシーズンマッチ(PSM)で、京都サポーターが「ナチスドイツを連想させ得るデザインを表示した旗」を振ったことが対象事案で、懲罰内容は罰金100万円となる。

Jリーグは京都への懲罰を決定
Jリーグは京都への懲罰を決定Jリーグは京都への懲罰を決定

2月9日にサンガスタジアム by KYOCERAにおいて開催されたPSM・京都対セレッソ大阪。京都サポーターがホーム側ゴール裏スタンドで、「人種差別主義を標ぼう・実践したナチスドイツの親衛隊が使用した、交差した骨の上にどくろが乗るデザインと酷似し、一般人に自然にナチスドイツを連想させ得るデザイン」を表示した旗を振った。この件についてJリーグの村井満チェアマンは裁定委員会に諮問し、懲罰を決定した。

懲罰の理由についてJリーグは、「京都サポーターは、2010 年に本件旗と酷似した旗をその前年に振っていた者から譲り受け、2019 年までほぼ全てのホームゲームで振っていた」ことに言及。さらに「2017 年に本件と同種の事案が発生した際にも各クラブに注意喚起を図ってきた」ものの、京都は「個別に旗のデザインについてまでは目視確認しておらず、本件旗が長期間にわたりほぼ全てのホームゲームで振られるのを結果として看過した」と指摘する。

一方「横断幕・旗デザインの事前承認制度を新設するとともに、スタジアム内の監視体制の整備やサポーターの理解促進、再発防止のための啓発に積極的に取り組んでいる」など、酌量すべき事実があるとして、懲罰を決定したと説明した。

京都の伊藤雅章代表取締役社長は、今回の懲罰決定を受け、以下のコメントを発表している。

「サッカーに関わる多くの皆さまに不快な思いをさせてしまいましたこと、また、誠実にルールを守り、純粋に選手、クラブを応援してくださっている大多数のサポーターの皆さまにご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」

「当旗は2009年に制作されて以来、当人も違反とは気付かず、また、クラブとしても長年にわたり摘発することができず、放置されてきました。今回の件を真摯に受け止め、今後はサポーターの皆さまにもご協力をいただきながら、再発防止の徹底を行い、誰もが楽しめるスタジアムづくりに向け取り組む所存です。その一環として、啓発活動を徹底すると共に、掲出物の事前申請制度を設けてまいります。引き続き、京都サンガF.C.へのご声援を、よろしくお願いいたします」

Jリーグは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、2020シーズンを中断。京都の所属する明治安田生命J2リーグは6月27日、J1は7月4日の再開を目指している。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!