サッカー

【サッカー】J1第8節:川崎Fが3連勝で首位堅守、同じく3連勝の神戸が3位に浮上

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

明治安田生命J1リーグ第8節の10試合が4月6日、7日に開催された。首位の川崎フロンターレはホームでサガン鳥栖に勝利し、3連勝。2位の名古屋グランパスは湘南ベルマーレ本拠地で引き分けに終わった。

川崎F対鳥栖は、両チーム、お互いに前半決定打を見出せず後半へ。後半57分、田代雅也が競り合いの中でレアンドロ・ダミアンを倒してしまい、1発退場に。10人となった鳥栖を尻目に、東京五輪世代の遠野大弥が右足で決め、川崎FがJ1通算300勝を挙げた。

首位川崎Fを追う名古屋は、湘南の攻撃を耐える展開。2枚目のイエローカードで湘南の三幸秀稔が退場したことで流れが変わったものの、それでも堅い守りを崩せず、スコアレスドローとなった。

また、ヴィッセル神戸は大分トリニータを1-0で下して3連勝となり、3位に浮上した。

J1第8節試合結果(Jリーグ公式)