【サッカー】PSV堂安律、AZ菅原由勢らが出場…UEFAヨーロッパリーグ第4節

堂安律は先発も、PSVはLASKリンツに逆転負け
堂安律は先発も、PSVはLASKリンツに逆転負け堂安律は先発も、PSVはLASKリンツに逆転負け

現地時間7日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第4節が各地で行われた。

堂安律の所属するPSVは、アウェーでLASKリンツと対戦。この試合で堂安律は先発出場を果たしている。

試合は開始5分にPSVがPKで先制し、アウェーのPSVが1点をリードして前半終了となった。だが後半に入るとLASKリンツの攻勢が実を結び、56分、60分と立て続けにゴールを決め、2-1と逆転に成功。堂安は64分で途中交代となっている。

LASKは77分、82分にも追加点を決め、結局4-1でフルタイムを迎えることに。PSVは敵地で先制しながら、そこから4点を決められて、試合をひっくり返されている。

菅原由勢の所属するオランダAZは、敵地カザフスタンでアスタナと激突した。管原はこの試合でベンチスタートとなっている。

地力で勝るAZはアウェーゲームながらアスタナを圧倒。90分を通して19本のシュートを放ち、5ゴールを奪って0-5で大勝した。管原は61分から途中出場し勝利に貢献。84分には右足でシュートを放つも、惜しくもゴールを決めることはできなかった。

  • 男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

    男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!