サッカー

【サッカー】U-23日本代表FW前田大然、横浜F・マリノスへ期限付き移籍

文: 渡辺文重 ·

日本プロサッカーリーグ・Jリーグ1部(J1)の横浜F・マリノスは8月3日、松本山雅FC(J2)からU-23日本代表FW前田大然が期限付き移籍で加入すると発表。2021年1月31日までで、松本との公式戦には出場できない。前田はCSマリティモ(ポルトガル)でプレーしていた。

U-23日本代表FW前田大然

前田は3日のトレーニングから横浜FMに合流。横浜FMの公式サイトなどを通じ、次のようにコメント。

「はじめまして。前田大然です。国内全てのタイトル、アジア王者を目指して僕は最後まで走り続けたいと思います。応援よろしくお願いします。全てはマリノスのために。トリコロールの絆いまこそ強く」

さらに同日、SC相模原(J3)へ育成型期限付き移籍していた松田詠太郎のチーム復帰も発表している。横浜FMは7月25日に、U-23日本代表MF遠藤渓太が1.FCウニオン・ベルリン(ドイツ1部)へ期限付き移籍すると発表。また8月3日には、昨季J1リーグ得点王・MVPの日本代表FW仲川輝人が、全治4~6週間の右ハムストリング肉離れと診断されたと発表している。