【サッカー】U23代表招集78選手が動画メッセージ…Jクラブは再開に向けて独自企画

日本サッカー協会(JFA)は6月13日、公式YouTube(ユーチューブ)チャンネル「JFATV」に、Tokyo 2020(東京五輪)に向けたU-23日本代表に招集された全78選手が出演するメッセージ動画を投稿。2021年に向けた意気込みや、医療従事者への感謝を述べた。

U-23日本代表の中心選手の1人、堂安律
U-23日本代表の中心選手の1人、堂安律U-23日本代表の中心選手の1人、堂安律

「Ready for the future ~僕らは共に~」と題された動画は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により活動が止まったU-23日本代表の選手たちが、自ら発案・企画。動画には、負傷などにより参加辞退した選手を含め、2017年12月のチーム立ち上げ以降に招集された選手78名が参加している。

参加したメンバー(映像登場順)は以下の通り。

  1. 堂安 律(PSVアイントホーフェン/オランダ)
  2. 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
  3. 田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)
  4. 椎橋慧也(ベガルタ仙台)
  5. 柳 貴博(ベガルタ仙台)
  6. 町田浩樹(鹿島アントラーズ)
  7. 杉岡大暉(鹿島アントラーズ)
  8. 上田綺世(鹿島アントラーズ)
  9. 大南拓磨(柏レイソル)
  10. 神谷優太(柏レイソル)
  11. 古賀太陽(柏レイソル)
  12. 滝本晴彦(柏レイソル)
  13. 紺野和也(FC東京)
  14. 渡辺 剛(FC東京)
  15. 波多野 豪(FC東京)
  16. 田川亨介(FC東京)
  17. 宮崎幾笑(FC東京)
  18. 三笘 薫(川崎フロンターレ)
  19. 旗手怜央(川崎フロンターレ)
  20. 田中 碧(川崎フロンターレ)
  21. 宮代大聖(川崎フロンターレ)
  22. 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
  23. オビ パウエル オビンナ(横浜F・マリノス)
  24. 渡辺皓太(横浜F・マリノス)
  25. 一美和成(横浜FC)
  26. 小林友希(横浜FC)
  27. 岩崎悠人(湘南ベルマーレ)
  28. 齊藤未月(湘南ベルマーレ)
  29. 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
  30. 谷 晃生(湘南ベルマーレ)
  31. 立田悠悟(清水エスパルス)
  32. 岡崎 慎(清水エスパルス)
  33. 市丸瑞希(ガンバ大阪)
  34. 福田湧矢(ガンバ大阪)
  35. 森島 司(サンフレッチェ広島)
  36. 松本泰志(サンフレッチェ広島)
  37. 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
  38. 東 俊希(サンフレッチェ広島)
  39. 初瀬 亮(ヴィッセル神戸)
  40. 藤谷 壮(ヴィッセル神戸)
  41. 庄司 朋乃也(セレッソ大阪)
  42. 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
  43. 原 輝綺(サガン鳥栖)
  44. 松岡大起(サガン鳥栖)
  45. 冨安健洋(ボローニャFC)
  46. 小島亨介(アルビレックス新潟)
  47. 阿部航斗(アルビレックス新潟)
  48. 小川航基(ジュビロ磐田)
  49. 舩木 翔(ジュビロ磐田)
  50. 針谷岳晃(ジュビロ磐田)
  51. 伊藤洋輝(ジュビロ磐田)
  52. 小松 蓮(レノファ山口FC)
  53. 高 宇洋(レノファ山口FC)
  54. 川井 歩(レノファ山口FC)
  55. 橋岡大樹(浦和レッズ)
  56. 相馬勇紀(名古屋グランパス)
  57. 長沼洋一(愛媛FC)
  58. 岩田智輝(大分トリニータ)
  59. 岡野 洵(ジェフユナイテッド千葉)
  60. 坂井大将(ガイナーレ鳥取)
  61. 井上潮音(東京ヴェルディ)
  62. 平戸太貴(FC町田ゼルビア)
  63. 麻田将吾(京都サンガF.C.)
  64. 髙木彰人(松本山雅FC)
  65. 浦田 樹
  66. 伊藤達哉(シントトロイデンVV/ベルギー)
  67. アピアタウィア久(流通経済大学)
  68. 板倉 滉(FCフローニンゲン/オランダ)
  69. 三好康児(ロイヤル・アントワープFC/ベルギー)
  70. 中村敬斗
  71. 山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン)
  72. 菅原由勢(AZアルクマール/オランダ)
  73. 久保建英(RCDマジョルカ/スペイン)
  74. 安部裕葵(FCバルセロナ/スペイン)
  75. 小久保 玲央ブライアン(SLベンフィカ/ポルトガル)
  76. 前田大然(CSマリティモ/ポルトガル)
  77. 食野 亮太郎
  78. 中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)

■Jリーグ再開に向け、各クラブが独自企画を実施

日本プロサッカーリーグ「Jリーグ」は、6月27日に明治安田生命J2リーグの再開、明治安田生命J3リーグの開幕、そして7月4日に明治安田生命J1リーグが再開すると発表。各チームは再開・開幕に向け、練習などの活動を本格化させている。

そうした中、J1・浦和レッズは6月13日、埼玉スタジアムで「DHL presents トレーニングマッチ vs FC町田ゼルビア」を開催。30分×4本の練習試合は、2-1でJ2の町田に軍配が上がった。Jリーグは再開・開幕後も当面は、無観客で試合を開催する方針を示しており、この試合も無観客で行われたものの、浦和公式YouTubeチャンネル「URAWA REDS OFFICIAL TV」ではライブ配信が行われた。また、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」上では、クラブOBを招いた解説なども実施。同時に「Player!」を用いた視聴者参加型のギフティング(投げ銭)による応援企画イベントも実施された。

参考:DHL presents トレーニングマッチ vs FC町田ゼルビア(Player!)

J2・ジュビロ磐田は13日、ヤマハスタジアムでJ3・アスルクラロ沼津と練習試合を実施。前後半45分ずつ2試合が行われ、合計スコア8-1で磐田が圧勝を収めた。この試合では、ヤマハ株式会社が開発を進めるリモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)」の実証実験を実施。無観客ながらサポーターの「激励」「拍手」「声援」がスタジアムに響いた。

参考:6/13(土)練習試合 vs. 沼津 リモート応援システムのご参加方法について(磐田公式)

J2・松本山雅FCは13日より、「どんな時でも、俺たちはここにいる!GANSサポ」の販売を開始した。松本のホームスタジアム・サンプロ アルウィンに来場する代わり、サポーターが送信した写真をパネル型サポーターとしてホーム側スタンド席に設置するという企画だ。価格は1席5500円(税込)となっている。

参考:「どんな時でも、俺たちはここにいる」GANSサポ(パネル型サポーター)販売のお知らせ(松本公式)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!