【サーフィン】五十嵐カノアの東京五輪出場が条件付きで決定…優先される出場枠は?

ワールド・サーフ・リーグ(WSL)は10月17日、男子の五十嵐カノア(木下グループ)のTokyo 2020(東京五輪)出場が内定したと発表した。五十嵐は自身のSNSに「期待に応えられるように、金メダル目指して頑張ります」とのコメントを投稿している。

サーフィンは東京五輪より正式種目に採用される競技で、男女ショートボードの2種目が行われ、全40選手(男女20選手ずつ)で争われる。出場枠は、WSLが主催するチャンピオンシップツアー(CT)の上位選手(男子は上位10選手、女子は上位8選手)に対し、優先的に与えられる。ただし、国別の出場枠は、男女とも最大2枠に限られている。五十嵐は、最も優先されるCT上位者のため、東京五輪出場の条件である、来年開催されるISA(国際サーフィン連盟)ワールドサーフィンゲームズ(WSG)出場を満たせば、東京五輪出場が確定する。

東京五輪出場をほぼ手中にした五十嵐カノア
東京五輪出場をほぼ手中にした五十嵐カノア東京五輪出場をほぼ手中にした五十嵐カノア

次に優先される出場要件は、2019年のCT上位者を除く2020WSGの上位選手(男子上位4選手、女子上位6選手)。3番目に優先される出場要件が、9月に宮崎県・木崎浜で開催された2019WSGにおける、各大陸(アジア・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア)の最上位者で、これに該当するのが村上舜となっている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!