【サーフィン】女王カリッサ・ムーアが来季CT全休を発表…都筑有夢路が繰り上げ参戦

WSL(ワールドサーフィンリーグ)は12月20日、カリッサ・ムーア(アメリカ合衆国)が2020年のCT(チャンピオンシップツアー)を全休すると発表。都筑有夢路が繰り上げでCTに参戦することが決定した。日本人のCT参戦は、男子の五十嵐カノア(木下グループ)に続き2人目。

来季CT全休のカリッサ・ムーア。東京五輪には出場するようだ
来季CT全休のカリッサ・ムーア。東京五輪には出場するようだ来季CT全休のカリッサ・ムーア。東京五輪には出場するようだ

ムーアは2019シーズンのCTで4度目となる世界タイトルを獲得。しかし以前から休養を考えていたようで、2020シーズンはCTに参加せず、2021シーズンより復帰するとしている。なお出場権を獲得しているTokyo 2020(東京五輪)には出場する予定だ。

都筑は2019シーズンのQS(クオリファイングシリーズ:CTの予選シリーズ)で年間8位。昇格まで1ランク足りなかったが、今季女王の休養宣言により、来季のCT参戦が決まった。都筑はInstagram(インスタグラム)を更新。「本当に信じられないです」「ワールドチャンピオンになるっていう夢にやっと最初の1歩を踏み出せました」とコメントするなど、喜びを爆発させた。

View this post on Instagram

Thank you so much @rissmoore10 !!! I’m so much respect you and your surfing style. I can’t believe it. I’m in CT @wsl !!! I can’t wait for surfing champion tour and I’ll keep my confidence to my career. Hope see you at somewhere in the ocean. Surf with you 2021 tour and beyond. I’ll keep follow your pride for my surfing style. 自分ががCTに入る事ができて本当に信じられないです‼︎ ワールドチャンピオンになるっていう夢にやっと最初の1歩を踏み出せました。これからも自分を信じてワールドチャンピオンになるために頑張ります。2021年カリッサと戦うのが楽しみです!!!!! @ripcurl_women @xanadu_surf @fcs_surf @fcs_japan @handy_s_s @fours.fours @surfrider.yoshio Photo by @yasushi_photos

A post shared by 都筑有夢路/AmuroTsuzuki (@amurotsuzuki) on

東京五輪におけるサーフィン競技の開催国枠は、男女1枠ずつ。しかし2019年9月に宮崎県宮崎市・木崎浜海岸で開催されたISA(国際サーフィン連盟)ワールドサーフィンゲームス(WSG)の結果、村上舜と松田詩野がアジア最上位となり、東京五輪出場権を得たため、開催国枠は返上。(村上と松田は条件付きで東京五輪出場内定)また男子では、五十嵐が2019シーズンCT上位10選手という条件をクリアして、東京五輪出場権を得ている。

都筑が東京五輪に出場するためには、2020年5月のWSGで好成績を収める必要がある。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!