【サーフィン】2019年女王カリッサ・ムーアが来シーズンを欠場|東京五輪には出場の意向

2020年シーズンを欠場すると発表した2019年女王カリッサ・ムーア 東京五輪には出場する意向だ
2020年シーズンを欠場すると発表した2019年女王カリッサ・ムーア 東京五輪には出場する意向だ2020年シーズンを欠場すると発表した2019年女王カリッサ・ムーア 東京五輪には出場する意向だ

12月21日、女子サーフィンの世界王者カリッサ・ムーアが、2020年シーズンのワールドサーフリーグ(WSL)に参戦しないことを自身のInstagram(インスタグラム)で発表した。Tokyo2020(東京五輪)には出場する意思を示している。

現在27歳のムーアは今回の決断について2018年の半ばに決めたとした。今後については「デビュー以来10年間最高のレベルで戦い続けてきたが、それを30代になっても続けたい」とし、「リフレッシュして2021年にツアーに戻ってきたい」とコメント。なお、東京オリンピックに出場する予定としている。

カリッサ・ムーアはハワイ出身のプロサーファー。2019年シーズンは、サーフィンの世界最高峰ツアーである、ワールドサーフリーグ(WSL)のチャンピオンシップツアー(CT)で優勝した。これまで4度のツアーチャンピオン(2011年、13年、15年、19年)に輝いている。

View this post on Instagram

Hello everyone! I wanted to personally share with you that I have decided to take a break from competing on the championship tour in 2020. This is something that I have given a lot of thought. If I learned anything about myself the past few years, it’s that I am a 100%, all in person. I have dedicated the last ten years of my life to competing at the highest level and want to continue to do that well into my thirties. I realize how fortunate I am to do something I love everyday and as a career. This break is a press refresh so that I can come back to the tour happier and more excited than ever in 2021. With this time off, I want to expand my @moorealoha programs, work on a film project, go on some fun surf trips, improve my surfing and do things I haven’t had the chance to. I will still be competing in the 2020 Olympics. Want to thank all my sponsors and the @wsl for their positive response and the opportunity to do this. Excited to share this journey with all of you! Big congratulations to @amurotsuzuki who will now be joining the roster on the championship tour as the first Japanese woman in 2020! Mahalo for all your love and support☺️🙏🏼 If you want a deeper look into things, @daveprodan and I broke it all down in his podcast The Lineup. Link below if you want to listen ❤️ Merry Christmas and Happy Holidays! Carissa😊 https://link.chtbl.com/Carissa

A post shared by Carissa Moore (@rissmoore10) on

ムーアの2020シーズン欠場を受け、都筑有夢路の日本人女子初となるCT参戦が決まった。都筑は2019シーズンのQS(クオリファイングシリーズ:CTの予選シリーズ)で年間8位。昇格まで1ランク足りなかったが、ムーアの出場辞退によって繰り上がりで来季のCTに出場する。都筑はインスタグラムで「ワールドチャンピオンになるっていう夢にやっと最初の1歩を踏み出せました。ワールドチャンピオンになるために頑張ります」と意気込みを綴った。ムーアに対しては、「2021年にカリッサと戦うのが楽しみ」と対戦を心待ちにしている。

またムーアもインスタグラムで、「日本人女性として初めてチャンピオンシップツアーに参加する、都筑有夢路を祝福します」と自身の欠場と同時に、都筑にエールを送った。

View this post on Instagram

Thank you so much @rissmoore10 !!! I’m so much respect you and your surfing style. I can’t believe it. I’m in CT @wsl !!! I can’t wait for surfing champion tour and I’ll keep my confidence to my career. Hope see you at somewhere in the ocean. Surf with you 2021 tour and beyond. I’ll keep follow your pride for my surfing style. 自分ががCTに入る事ができて本当に信じられないです‼︎ ワールドチャンピオンになるっていう夢にやっと最初の1歩を踏み出せました。これからも自分を信じてワールドチャンピオンになるために頑張ります。2021年カリッサと戦うのが楽しみです!!!!! @ripcurl_women @xanadu_surf @fcs_surf @fcs_japan @handy_s_s @fours.fours @surfrider.yoshio Photo by @yasushi_photos

A post shared by 都筑 有夢路 / Amuro Tsuzuki (@amurotsuzuki) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!