【サーフィン】WSG大会6日目:五十嵐カノア、大原洋人、村上舜が3回戦進出

ISA(国際サーフィン連盟)ワールドサーフィンゲームズ(WSG)大会6日目となる9月12日、会場の宮崎県宮崎市熊野・木崎浜では、男子2回戦が行われた。2回戦は4人ずつ18組で競われる。

2回戦7組(ヒート43)に登場した五十嵐カノアは首位で通過。同11組(H47)の大原洋人も1位で3回戦にコマを進めた。同15組(H51)の村上舜も首位。波乗りジャパン(サーフィン日本代表)の3人はそろって2回戦突破を果たした。

波乗りジャパンの大原洋人
波乗りジャパンの大原洋人波乗りジャパンの大原洋人

13日は、4人ずつ9組で行われる3回戦が開催される予定。五十嵐は3回戦3組(H57)、大原は同5組(H59)、村上は同7組(H61)に登場する。

WSG宮崎大会の模様は、AbemaTVで生中継される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!