【ショートトラック】全日本選手権:渡邊啓太が3大会ぶり総合V…女子は菊池純礼が連覇

3大会ぶり2度目の総合優勝を決めた渡邊啓太(写真は平昌オリンピック時)
3大会ぶり2度目の総合優勝を決めた渡邊啓太(写真は平昌オリンピック時)3大会ぶり2度目の総合優勝を決めた渡邊啓太(写真は平昌オリンピック時)

12月23日、第42回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会最終日が、長野県・帝産アイススケートトレーニングセンターで開催された。男子では渡邊啓太(阪南大職)が3大会ぶり2度目、女子では菊池純礼(富士急行)が2大会連続2度目の総合優勝を決めた。

渡邊は男子1000メートル決勝(2)で1位、3000メートルスーパーファイナルでも宮田将吾(大阪商業大学高校)に次ぐ2位になり合計110点。3大会ぶり2回目の総合優勝を果たした。総合3連覇を狙った吉永一貴(中京大学)は3000メートル決勝で6位になるなど、得点を稼げず総合4位だった。

女子では、菊池が1000メートル決勝(2)で2位、3000メートルスーパーファイナルでは1位。合計90ポイントを獲得し、逆転で2年連続2回目の総合優勝を遂げた。前日、合計得点で首位に立っていた神長汐音(全日空商事)は3000メートル決勝で6位に沈み、総合2位で今大会を終えた。

本大会最終日の結果は以下の通り。

最終日結果

男子

1000メートル決勝(1)

  • 1位:吉永一貴(中京大学)1:28.546
  • 2位:齋藤慧(栃木県体育協会)1:28.756
  • 3位:三澤夏陽(トヨタ自動車)1:28.791

1000メートル決勝(2)

  • 1位:渡邊啓太(阪南大学)1:31.867
  • 2位:宮田将吾(大阪商業大学高校)1:31.987
  • 3位:小池克典(全日空商事)1:32.450

3000メートルスーパーファイナル

  • 1位:宮田将吾(大阪商業大学高校)4:50.056
  • 2位:渡邊啓太(阪南大学)4:52.173
  • 3位:横山大希(トヨタ自動車)4:52.303

総合ポイント

  • 1位:渡邊啓太(阪南大学)110pt
  • 2位:宮田将吾(大阪商業大学高校)81pt
  • 3位:横山大希(トヨタ自動車)47pt

女子

1000メートル決勝(1)

  • 1位:渡邉碧(トヨタ自動車)1:33.852
  • 2位:山浦美和子(佐久大学)1:33.952
  • 3位:山名里奈(山梨学院大学)1:34.131

1000メートル決勝(2)

  • 1位:神長汐音(全日空商事)1:33.030
  • 2位:菊池純礼(富士急行)1:33.079
  • 3位:平井亜美(中京大学)1:33.319

3000メートルスーパーファイナル

  • 1位:菊池純礼(富士急行)5:42.711
  • 2位:菊池萌水(KHネオケム株式会社)5:42.820
  • 3位:山名里奈(山梨学院大学)5:43.146

総合ポイント

  • 1位:菊池純礼(富士急行)90pt
  • 2位:神長汐音(全日空商事)84pt
  • 3位:平井亜美(中京大学)63pt

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!