【ショートトラック】W杯上海3日目:男子1000mで吉永一貴7位、渡邊啓太8位

ISU(国際スケート連盟)ワールドカップ(W杯)ショートトラック第4戦・上海大会(中国)が12月8日、大会最終日を迎えた。男子1000メートルでは、吉永一貴と渡邊啓太がB決勝に進出。それぞれ総合7位と同8位になった。男女リレーの日本チームは、ともに総合5位となっている。

平昌五輪にも出場した吉永一貴
平昌五輪にも出場した吉永一貴平昌五輪にも出場した吉永一貴

男子500m(2)は、敗者復活戦に林伊吹と宮田将吾が出場。林は初戦で、宮田は2回戦で敗退となった。準々決勝から、初日の予選を突破した菊池耕太が出場するも、準決勝進出はならなかった。

男子1000mは、岩佐暖が敗者復活1回戦で敗退。初日の予選を突破した渡邊と吉永は準々決勝を勝ち抜き、準決勝にコマを進める。5人ずつ2ヒート(組)で争う準決勝は、ともに3位でB決勝へ。吉永は総合7位、渡邊は同8位となった。

女子500m(2)は、菊池純礼と齋藤仁美が敗者復活1回戦で敗退。予選突破した神長汐音も、準々決勝で敗退となった。

女子1000m予選は、山浦美和子と菊池萌水が敗者復活1回戦を勝ち抜くも、2回戦で各ヒートのトップとなれず敗退。予選を突破した平井亜実も、準決勝に進めなかった。

女子3000mリレー日本チームは、4カ国ずつ2ヒートで争われる準決勝で3位。準決勝では3カ国がイエローカード、あるいはペナルティと判定されたため、総合5位となった。

男子5000mリレー日本チームは、準決勝でヒート3位となり、B決勝へと回る。B決勝では1位となり、総合5位となっている。

上海大会第3日目の日本勢の結果は以下の通り。

男子500m(2)

  • 菊池耕太(社会医療法人恵仁会)→準々決勝敗退(14位)
  • 宮田将吾(大阪商業大学高校)→敗者復活2回戦敗退(24位)
  • 林伊吹(地球環境高校)→敗者復活1回戦敗退(30位)

男子1000m

  • 吉永一貴(中京大学)→B決勝(7位)
  • 渡邊啓太(阪南大学)→B決勝(8位)
  • 岩佐暖(きらぼし銀行)→敗者復活1回戦敗退(29位)

女子500m(2)

  • 神長汐音(全日空商事)→準々決勝敗退(20位)
  • 菊池純礼(富士急行)→敗者復活1回戦敗退(27位)
  • 齋藤仁美(オーエンス)→敗者復活1回戦敗退(29位)

女子1000m

  • 平井亜実(中京大学)→準々決勝敗退(14位)
  • 菊池萌水(KHネオケム株式会社)→敗者復活戦2回戦敗退(21位)
  • 山浦美和子(佐久大学)→敗者復活戦2回戦敗退(29位)

女子3000mリレー

  • 日本(平井・菊池萌・神長・菊池純)→B決勝(5位)

男子5000mリレー

  • 日本(吉永・渡邊・菊池耕・宮田)→B決勝(5位)

ISUワールドカップ・ショートトラック上海・公式記録(pdf形式)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!