【ショートトラック】W杯名古屋3日目:男子1500m決勝で林伊吹が銅メダル

女子1500mで優勝したスザンネ・シュルティング(写真は上海トロフィーでのもの)
女子1500mで優勝したスザンネ・シュルティング(写真は上海トロフィーでのもの)女子1500mで優勝したスザンネ・シュルティング(写真は上海トロフィーでのもの)

ショートトラックスピードスケートのISU(国際スケート連盟)ワールドカップ(W杯)第3戦・名古屋大会3日目が、12月1日に日本ガイシアリーナで行われた。この日は500メートルや1500メートルなどの決勝が行われ、男子1500メートル(2)では、18歳の林伊吹(地球環境高校)が3位となり、銅メダルを獲得した。

男子1500メートルは前日の11月30日にも行われ、その前日3位入賞の渡辺啓太はこの日は決勝Bまで進出するものの9位。林とともに決勝A入りの吉永一貴は5位だった。優勝は韓国のパク・ジウォン。

また、女子1500メートルでは決勝Bに2選手が進出し、菊池純礼が日本勢最高位の12位、山浦美和子は14位だった。2018平昌オリンピック金メダリストのスザンネ・シュルティング(オランダ)が優勝した。

男子5000メートルリレーで決勝Bに回った日本は林伊吹、吉永一貴、渡邊啓太、宮田将吾の4人で臨み、1着でゴールした。なお、同種目の決勝Aに出場した中国が優勝している。

女子3000メートルリレーではイタリアが金メダルを獲得している。

W杯名古屋3日目に行われた種目の決勝の結果は以下。

3日目結果

男子

500メートル

  • 1位:シャオアン・リュー(ハンガリー)
  • 2位:パヴェル・シトニコフ(ロシア)
  • 3位:パク・インウク(韓国)

1500メートル

  • 1位:パク・ジウォン(韓国)
  • 2位:イ・ジュンソ(韓国)
  • 3位:林伊吹(日本)

5000メートルリレー

  • 1位:中国
  • 2位:韓国
  • 3位:ロシア

女子

500メートル

  • 1位:キム・ブタン(カナダ)
  • 2位:アリアンナ・フォンタナ(イタリア)
  • 3位:キム・ジユ(韓国)

1500メートル

  • 1位:スザンネ・シュルティング(オランダ)
  • 2位:コートニー・サロール(カナダ)
  • 3位:ハン・ユートン(中国)

3000メートルリレー

  • 1位:イタリア
  • 2位:カナダ
  • 3位:ロシア
View this post on Instagram

ワールドカップショートトラック 第3戦・名古屋大会、全ての競技が終了しました。 Thank you, Love Skating Family! ご声援ありがとうございました! リンクはあっという間に普段の姿に戻りつつあります。 このあと順次、最終日の情報は掲載してまいります。 ----- " Thank you, Love Skating Family! " . 【2019/20 ISU ワールドカップショートトラック 第3戦・名古屋大会】 ISU World Cup Short Track 2019/20, Nagoya, Japan 2019年11月29日(金)~12月1日(日) Nov 29 - Dec 01, 2019 @愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザ(日本ガイシアリーナ) Nagoya, JPN https://www.jsfresults.com/InterNational/2019-2020/wcst/index.htm . Video Stream / YouTube Skating ISU https://www.youtube.com/SkatingISU #WCShortTrack #ShortTrackSkating #ShortTrackSpeedSkating #SpeedSkating #ShortTrack #WorldCup #ISU #ISUShortTrack #Nagoya #TeamJapan #TeamNippon #ShoTra #LoveSkating #OneHandDown #UpAgain #ショートトラック #ワールドカップ #名古屋 #日本ガイシスポーツプラザ #日本ガイシアリーナ #日本ガイシホール #ショートラ

A post shared by WCST2019/20, Nagoya, Japan (@wcshorttrack2019nagoya) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!