スキージャンプ

【スキージャンプ】団体戦最終戦は、悪天候で男女ともに中止…翌28日に個人戦前に代替開催

文: 鈴木花 ·

現地時間3月27日、FIS(国際スキー連盟)スキージャンプワールドカップ(W杯)の団体最終戦が、男女ともに強風のため中止された。いずれも、翌日の28日に個人最終戦の前に1回方式で行われる。

ロシア・チャイコフスキーで行われる女子W杯団体最終戦に、日本チームは丸山希(明治大学)、勢藤優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)、伊藤有希(土屋ホームSC)、髙梨沙羅(クラレ)の順で挑む。

女子団体最終戦・スタートリスト(FIS公式)

スロベニア・プラニツァで開催される男子W杯団体最終戦では、日本は中村直幹(東海大学札幌スキークラブ)、小林潤志郎(雪印メグミルクスキー部)、佐藤幸椰(雪印メグミルクスキー部)、小林陵侑(土屋ホームスキー部)の順にリストを組んでいる。

男子団体最終戦・スタートリスト(FIS公式)