スキージャンプ

【スキージャンプ】葛西紀明がギネス世界記録認定|W杯個人最多569回出場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
W杯個人最多出場でギネス世界記録に認定された葛西紀明

ノルディックスキージャンプの葛西紀明が、FISワールドカップ(W杯)個人最多出場回数(569回)でギネス世界記録を更新したとして、公式認定証を受け取った。ギネスワールドレコーズジャパンが5月6日、公式Twitter上で伝えている。葛西は記録認定をうけ、同Twitter上でコメントを発表した。

ギネスワールドレコーズジャパンは6日、公式Twitter上で葛西のギネス世界記録公式認定証を発表。葛西はFISスキージャンプW杯個人出場記録569回でギネス世界記録に認定され、オンライン上で公式認定証を受け取った。葛西はギネスワールドレコーズジャパン公式Twitterでコメント。「またひとつ勲章が増えました」と受賞を報告した。また、「応援していただいた皆様、本当にありがとうございます。またこの記録を更新出来るように、これからも頑張っていきたいと思います」と、ファンへの感謝とともに、今後の抱負を述べた。最後には、新型コロナウイルスの世界的流行を受け、「皆さん、心をひとつにして、この危機を乗り越えましょう」と語った。

葛西はFISスキージャンプW杯個人569回出場で17勝し、合計63回表彰台にのぼっている。またこれまでW杯個人最多出場のほか、8度の冬季オリンピック出場(アルベールビル、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチ、平昌)などで、ギネス世界記録の認定を受けている。