スキージャンプ

【スキージャンプ】W杯男子開幕戦予選:小林陵侑は4位で本戦へ、葛西紀明は予選落ち

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
昨季W杯総合優勝の小林陵侑は4位で予選突破/ EPA=時事

11月22日、FIS(国際スキー連盟)ノルディックスキージャンプワールドカップ(W杯)第1戦・男子ラージヒル個人(ヒルサイズ134m、K点120m)の予選がポーランドのヴィスワで行われた。昨シーズンW杯総合王者の小林陵侑(土屋ホーム)は118.5mを飛び、127.6点の4位で予選を通過した。

日本勢は伊東大貴、小林潤志郎、佐藤幸椰(以上、雪印メグミルク)、中村直幹(東海大学)も本戦へ進出。47歳の葛西紀明(土屋ホーム)は58位で予選落ちとなった。予選1位通過は133.0m、138.6点をマークしたドイツのカール・ガイガーだった。

現地時間23日には団体戦の初戦が実施される。予選上位50名によって争われる本戦は日本時間11月24日の19時30分から行われる。

予選成績

1位:カール・ガイガー(ドイツ) 133.0m/138.6点
2位:キリアン・パイアー(スイス) 125.5m/132.8点
3位:ダニエル・フーバー(オーストリア) 122.0m/128.0点
4位:小林陵侑 118.5m/127.6点
15位:伊東大貴 118.5m/119.4点
18位:小林潤志郎 117.0m/117.2点
20位:佐藤幸椰 116.5m/114.3点
25位:中村直幹 117.0m/107.6点
58位:.葛西紀明 103.5m/86.7点

関連記事:男子スキージャンプW杯2019-20シーズン 日程&放送予定、出場選手