スキージャンプW杯個人第2戦で小林陵侑は6位…ノルウェーのタンデが開幕2連勝

小林陵侑はW杯第2戦で6位
小林陵侑はW杯第2戦で6位小林陵侑はW杯第2戦で6位

ノルディックスキー、スキージャンプのワールドカップ(W杯)個人第2戦がフィンランドのルカで現地時間11月30日行われ、昨シーズン個人総合優勝を果たした小林陵侑(土屋ホーム)は6位に終わった。

小林陵侑は1本目134m、2本目133mを飛び、合計267.3点で6位となった。優勝はダニエル=アンドレ・タンデ(ノルウェー)で、第1戦ポーランド・ヴィスラ大会に続いて開幕2連勝を果たしている。

その他、小林潤志郎(雪印メグミルク)が17位。、伊東大貴(雪印メグミルク)は35位だった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!