【スケルトン】北米杯最終戦:男子・木下凜は総合5位、女子・神朱音は総合14位

ISBF(国際ボブスレー・スケルトン連盟)ノースアメリカンカップがアメリカ合衆国ニューヨーク州レイクプラシッドにて、男子および女子スケルトン第6戦から最終・第8戦まで行われた。日本からは木下凜(明成高等学校)と神朱音(仙台大学)が出場。木下は総合5位、神は同14位だった。

頭部を前にソリで滑走するスケルトン。最高スピードは時速125キロにも達する
頭部を前にソリで滑走するスケルトン。最高スピードは時速125キロにも達する頭部を前にソリで滑走するスケルトン。最高スピードは時速125キロにも達する

木下は1月6日に行われた男子スケルトン第6戦、第7戦で、それぞれ16位、9位。7日に行われた第8戦で11位だった。神は6日に行われた女子スケルトン第6戦、第7戦で、それぞれ11位、13位。7日に行われた第8戦は10位だった。

2019-2020シーズンの北米杯は、第8戦で終了。総合順位で木下は5位、神は14位となった。木下と神の北米杯全試合の順位と、総合順位(上位5名および日本人選手)は以下の通り。

北米杯成績:木下 凜(明成高等学校)

第1戦 22位

第2戦 10位

第3戦 6位

第4戦 4位

第5戦 6位

第6戦 16位

第7戦 9位

第8戦 11位

北米杯成績:神 朱音(仙台大学)

第1戦 25位

第2戦 21位

第3戦 9位

第4戦 18位

第5戦 12位

第6戦 11位

第7戦 13位

第8戦 10位

北米杯総合成績(男子)

1.アンデル ミランベル(スペイン)370pt

2.クリス ストラップ(米国)346pt

3.ネイサン クランプトン(米国領サモア)345pt

4.イン ジェン(中国)272pt

5.木下 凜(明成高等学校)255pt

North American Cup Men's Skeleton Standing

北米杯総合成績(女子)

1.キム ウンジ(韓国)373pt

2.ニコレ ローシャ シウベイラ(ブラジル)301pt

3.ミスティク ロー(米国)290pt

4.ローレン マクドナルド(米国)287pt

5.ミシェル トウカン(米国)271pt

14.神 朱音(仙台大学)182pt

North American Cup Women's Skeleton Standing

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!