スノーボード

【スノーボード】スロープスタイルW杯:飛田流輝が優勝…新型コロナウイルス影響でシーズン終了

文: 渡辺文重 ·

FIS(国際スキー連盟)は3月10日、スノーボード・スロープスタイルのワールドカップがシーズン終了したと正式に発表した。中止となったW杯スピンドレルブ・ムリン大会(チェコ共和国)の代替大会は行わず、飛田流輝(日本体育大学)とケイティ・オーメロッド(イギリス)が優勝となる。

スロープスタイルW杯年間優勝の飛田流輝(写真は2019年のUSグランプリ)

FISは数日間にわたり協議を行ったものの、世界的な流行となった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する健康上の懸念から、これ以上の競技スケジュール実行は不可能と判断したと説明している。

FISスノーボードW杯スロープスタイル種目2019-20シーズンにおける順位は以下の通り。

■スロープスタイルW杯2019-20シーズン結果(女子)

1.ケイティ オーメロッド(Katie ORMEROD/イギリス)

2.ローリー ブルーアン(Laurie BLOUIN/カナダ)

3.ブルック ボイト(Brooke VOIGT/カナダ)

13.岩渕麗楽(Reira IWABUCHI/バートン)

29.村瀬心椛(Kokomo MURASE/ムラサキスポーツ)

※岩渕はビッグエア種目で1位、村瀬は同7位

■スロープスタイルW杯2019-20シーズン結果(男子)

1.飛田流輝(Ruki TOBITA/日本体育大学)

2.ティアーン コリンズ(Tiarn COLLINS/ニュージーランド)

3.ダスティ ヘンリクセン(Dusty HENRICKSEN/アメリカ合衆国)

7.木俣椋真(Ryoma KIMATA/ヤマゼンロックザキッズ)

8.國武大晃(Hiroaki KUNITAKE/STANCER)

17.濵田海人(Kaito HAMADA/ムラサキスポーツ北海道)

49.川上蒼斗(Aoto KAWAKAMI/オールアルビレックス)

59.鈴木淳宏(Atsuhiro SUZUKI/キララクエストスノーボードクラブ)