スノーボード

【スノーボード】ハーフパイプW杯カッパー:戸塚優斗は2位で3連勝逃す…今井胡桃は女子4位

文: 渡辺文重 ·

FIS(国際スキー連盟)スノーボード・ハーフパイプ・ワールドカップのカッパー大会(アメリカ合衆国コロラド州)は現地時間12月14日、決勝を迎えた。男子は、スコッティ・ジェームス(オーストラリア)が優勝。戸塚優斗は2位でW杯3連勝ならず。女子は、今井胡桃の4位が日本人最高。

左から戸塚優斗、スコッティ・ジェームス、平野流佳

2月のカルガリー(カナダ)、3月のマンモスマウンテン(米国カルフォルニア州)のW杯で2連勝を達成していた戸塚だったが、男子決勝を制したのは、予選を首位で突破したジェームス。3位は平野流佳だった。

女子は今井に続き、松本遥奈が7位、小野光希が8位となった。冨田せなと冨田るきは12日の予選で敗退。8人で争われる女子決勝に残れなかった。上位3選手と日本人選手の結果は以下の通り。

ハーフパイプW杯カッパーマウンテン大会(男子)

1位:スコッティ・ジェームス(オーストラリア)96.00

2位:戸塚優斗(ヨネックス)94.50

3位:平野流佳(ムラサキスポーツ)89.25

ハーフパイプW杯カッパーマウンテン大会(女子)

1位:ケラルト・カステリェト(スペイン)87.75

2位:リュウ・ジャユ(劉佳宇/中国)80.00

3位:マディー・マストロ(米国)77.50

4位:今井胡桃(プリオHDスキー部)72.50

7位:松本遥奈(クルーズ)42.75

8位:小野光希(スノーヴァ溝の口-R246)24.25

9位:冨田せな(チームアルビレックス新潟)68.00

12位:冨田るき(開志国際高校)61.00