スノーボード

【スノーボード】世界選手権アスペン最終日:女子ビッグエアで鬼塚雅が銅メダル獲得

文: 渡辺文重 ·

アメリカ合衆国コロラド州アスペン開催の2021FIS(国際スキー連盟)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権は現地時間3月16日、最終日(大会7日目)を迎えた。この日は男女ビッグエア種目の決勝が行われ、女子スノーボードでは鬼塚雅(星野リゾート)が銅メダルを獲得した。

同種目の決勝に進出した岩渕麗楽(バートン)は6位、村瀬心椛(ムラサキスポーツ)は8位だった。男子ビッグエアでは飛田流輝(日本体育大学)が4位、濵田海人(ムラサキスポーツ北海道)が5位となっている。