スピードスケート全日本選手権の日程と放送予定|小平奈緒、高木美帆ら出場予定

500mの世界女王として君臨する小平奈緒
500mの世界女王として君臨する小平奈緒500mの世界女王として君臨する小平奈緒

10月25日から10月27日に「全日本スピードスケート距離別選手権大会」が青森県八戸市長根屋内スケート場で開催される。同大会には2018年平昌五輪金メダリスト小平奈緒や高木菜那・美帆姉妹が出場予定。ここでは「全日本スピードスケート距離別選手権大会」の放送予定や注目選手について紹介する。

日程

10月25日(金):第1日目

  • 女子500m
  • 男子500m
  • 女子3000m
  • 男子5000m
  • 女子マススタート準決勝
  • 男子マススタート準決勝

10月26日(土):第2日目

  • 女子1000m
  • 男子1000m
  • 女子マススタート決勝
  • 男子マススタート決勝

10月27日(日):第3日目

  • 女子1500m
  • 男子1500m
  • 女子5000m
  • 男子10000m

放送予定

スピードスケート全日本選手権の模様は全日程BSフジで放送される。

10月25日(金)

10月26日(土)

10月27日(日)

女子1500mの世界記録保持者・高木美帆
女子1500mの世界記録保持者・高木美帆女子1500mの世界記録保持者・高木美帆

主な出場選手

※()内は今大会出場競技

男子

新浜立也(500m、1000m、1500m)

平昌オリンピック代表選考会では4位に終わり出場を逃した。昨シーズンからワールドカップに参戦しており、2019年3月に行われたW杯最終戦の500mで日本記録を更新する33秒61をマークし2位となった。2022年北京大会では日本男子スピードスケートの新エースとして期待される。

女子

小平奈緒(500m、1000m、1500m)

オリンピックにはバンクーバー、ソチ、平昌の3回出場している。平昌大会では500mでオリンピック新記録となる36秒94をマークし金メダルに輝いた。1000mでも銀メダルを獲得し同メダルの高木美帆とともに表彰台に登った。500mでは2019年2月の世界選手権で2位に敗れるまで国内外大会37連勝を記録した。

高木美帆(500m、1000m、1500m、3000m)

15歳の時にバンクーバーオリンピックに日本スピードスケート史上最年少で出場した。ソチオリンピックでは代表メンバーから落選したものの、平昌オリンピックでは団体パシュートメンバーの一人として金メダル獲得。個人でも1500mで銀メダル、1000mで銅メダルを獲得した。女子1500mの世界記録及び1000mと3000mの日本記録を保持している。姉はスピードスケート日本代表の高木菜那。

高木菜那(1000m、1500m、3000m、5000m、マススタート)

平昌オリンピック団体パシュートで妹の美帆とともに金メダルを獲得すると、マススタートでも金メダルを獲得し同競技オリンピック初代女王に輝いた。また、妹の美帆との姉妹で金メダル獲得は、夏季冬季を通じ日本初の快挙だった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!