スピードスケート

【スピードスケート】全日本距離別選手権1日目:小平奈緒が女子500mで6連覇達成

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

第27回全日本スピードスケート距離別選手権大会が10月23日に開幕し、各種目が行われた。女子500メートルは、平昌五輪同種目金メダリストの小平奈緒(相澤病院)が37秒73で6年連続11回目の優勝を飾った。2位は0秒03差で、郷亜里砂(イヨテツスピードクラブ)だった。

男子500メートル優勝は村上右磨(高堂建設)で34秒72。日本記録保持者の新濱立也(高崎健康福祉大学)は2位だった。女子3000メートルは押切美沙紀(富士急行)が優勝。男子5000メートルは一戸誠太郎(ANA)が制した。

第27回全日本スピードスケート距離別選手権大会・結果

第27回全日本スピードスケート距離別選手権大会は、長野県長野市エムウェーブで10月23日から25日まで開催。24日は男女1000メートル、男女マススタートレースを実施。25日は男女1500メートル、女子5000メートル、男子10000メートルが行われる。女子1000メートルと1500メートルには小平、髙木美帆(日本体育大学)らが出場予定。大会の模様はBSフジで放送される。

第27回全日本スピードスケート距離別選手権大会・放送予定

BSフジ

  • 2日目:10月24日(土) 15:00~16:55
  • 最終日:10月25日(日) 15:00~16:00

フジテレビ系列

  • 大会ハイライト:10月25日(日) 25:55~26:54