【スピードスケート】W杯第3戦2日目|女子500mAで小平奈緒が銅メダル、男子1000mBでは日本勢が銀銅獲得

ロシア勢の表彰台独占を阻止した小平奈緒
ロシア勢の表彰台独占を阻止した小平奈緒ロシア勢の表彰台独占を阻止した小平奈緒

現地時間12月7日、カザフスタン・ヌルスルタンでスピードスケートのワールドカップ第3戦2日目が行われ、小平奈緒(相沢病院)は女子500メートルで銅メダルを獲得した。

前日の女子1000メートルAでは4位だった小平は、女子500メートルAに出場。ロシア勢に割って入る形で37.727秒の3位となった。1位のアンジェリーナ・ゴリコバに0.14秒差だった。

ほかにAクラスレースでは男子1000メートルAに久保向希(日本電産サンキョー)が出場するも、1分09秒658で13位に終わった。

初日同様、今大会の日本選手団は多くがAクラスより下のディビジョンとなるBクラスに出場した。

男子1000メートルBでは、近藤太郎(ANAエアポートサービス)が1分09秒625で2位、小島良太(信州大学)がその0.37秒差で3位となり、日本勢の銀銅フィニッシュとなった。ほかにも小田卓朗(開発計画研究所)が10位、久保向希(日本電産サンキョー)が18位に入った。

男子10000メートルBには日本勢が3選手出場し、平昌五輪経験者の土屋良輔(メモリード)が13分15秒631で5位に入賞。大林昌仁(福井県スポーツ協会)が12位、伊藤貴裕(日本電産サンキョー)が15位となっている。

また、女子500メートルBでは辻本有紗(電算)が39秒097で惜しくも4位に入賞した。

【注目選手紹介】スピードスケートの小平奈緒:地元の病院に「無職」の危機を救われ、平昌五輪で悲願の金

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!