スピードスケートW杯第1戦帯広大会2日目、女子500Mで小平奈緒が2日連続の金

小平奈緒選手

スピードスケート『ISUワールドカップスピードスケート競技会 帯広大会』の2日目が17日、明治北海道十勝オーバルで行われた。

女子500メートルでは小平奈緒(相沢病院)が、37秒29のタイムで前日に続いて優勝。2シーズン前からの連勝記録を31に伸ばしている。

高木菜那(日本電産サンキョー)が女子マススタートで優勝を果たし、前日の女子団体追い抜き(パシュート)に続いて連日の金。女子1500メートルでは高木美帆(日本体育大)が1分55秒12で2位だった。

男子500メートルでは地元帯広出身の羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒71で2位に入っている。