スポーツクライミング世界選手権:女子複合予選、まずスピードで伊藤ふたばが4位

複合予選、スピードで日本勢最高位となった伊藤ふたば
複合予選、スピードで日本勢最高位となった伊藤ふたば複合予選、スピードで日本勢最高位となった伊藤ふたば

スポーツクライミングの世界選手権、女子コンバインド(複合)予選のスピード種目が18日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で行われた。

コンバインドはスピード、ボルダリング、リードの順番で行われ、スピードは統一されたホールドを、高さ15メートルまでいかに速く駆け上がることができるかを競うもの。

スピードのトップは7秒321を叩き出したミロスラフ・アレクサンドラ(ポーランド)で、日本勢では8秒917の伊藤ふたば(TEAM au)の4位が最高だった。8秒994で野中生萌(XFLAG)が5位に入っている。

野口啓代(TEAM au)は10位、倉菜々子(ウィルスタッフ)は13位、森秋彩(茨城県連盟)は18位だった。

  • 男子複合予選スピード- スポーツクライミング |YOGブエノスアイレス2018

    男子複合予選スピード- スポーツクライミング |YOGブエノスアイレス2018

  • 女子複合予選スピード- スポーツクライミング |YOGブエノスアイレス2018

    女子複合予選スピード- スポーツクライミング |YOGブエノスアイレス2018

  • 男子複合予選ボルダリング -スポーツクライミング|YOGブエノスアイレス2018

    男子複合予選ボルダリング -スポーツクライミング|YOGブエノスアイレス2018

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!