スポーツクライミング世界選手権:男子複合予選・ボルダリングは原田海が3位、楢崎智亜4位

ボルダリング単種目で優勝した楢崎智亜は、コンバインドの同種目予選4位(写真は昨年大会)
ボルダリング単種目で優勝した楢崎智亜は、コンバインドの同種目予選4位(写真は昨年大会)ボルダリング単種目で優勝した楢崎智亜は、コンバインドの同種目予選4位(写真は昨年大会)

東京・エスフォルタアリーナ八王子で開催されているスポーツクライミングの世界選手権は19日、男子コンバインド(複合)の予選が行われた。スピードに続く2種目目のボルダリングで、原田海(かい)が3位、楢崎智亜(ともあ)が4位についた。

「スピード」、「ボルダリング」、「リード」の3種目すべてを行い、最終的な順位を決するコンバインド。2種目目のボルダリングは、複数の課題(コース)をいくつ完登できるかを競う。

出場した日本人選手は5人。原田が全4課題のうち3つを完登、20人中3位についた。13日に行われた今大会のボルダリング単種目決勝で見事優勝し、現在ボルダリングの世界ランク1位の楢崎は4位、弟の楢崎明智(めいち)が続く5位、同世界ランク3位の藤井快(こころ)が7位、土肥圭太が11位となった。トップは、唯一4課題すべてを完登したドイツのアレクサンダー・メゴス。

予選で総合8位に入った選手が、コンバインド決勝に進出する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!