スポーツクライミング・東京五輪予選 森秋彩と伊藤ふたばが決勝進出

首位通過をした森秋彩
首位通過をした森秋彩首位通過をした森秋彩

フランス・トゥールーズで開催されているIFSC(国際スポーツクライミング連盟)によるTokyo 2020(東京五輪)の複合予選会は現地時間11月29日、大会2日目を迎えた。2日目の女子複合予選では、16歳の森秋彩が首位通過。伊藤ふたばも5位で、上位8人による決勝に進んだ。

第1種目のスピード、森は最下位(22位)スタート。伊藤は7位となる。

第2種目のボルダリング、森は2位となり、44ポイントと挽回。スポーツクライミング複合では、3種目の順位を掛け合わせ、数字が少ない方が上位となる。伊藤は7位で、2種目を終えて49pt。

第3種目のリード、森は首位となり、44ptのまま。3種目を終えて首位で予選を通過した。伊藤は8位で合計392pt。総合5位で、現地時間12月1日に開催される決勝へとコマを進めた。

決勝に進出する上位8選手の予選結果は以下の通り。

  1. 森秋彩(茨城県連盟)44pt
  2. ルチカ・ラコベッツ(スロベニア)45pt
  3. ミア・クランプル(スロベニア)120pt
  4. ローラ・ロゴラ(イタリア)256pt
  5. 伊藤ふたば(Team au)392pt
  6. ジュリア・シャヌーディ(フランス)420pt
  7. ユリヤ・カプリナ(ロシア)441pt
  8. キーラ・コンディー(アメリカ合衆国)528pt

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!