【スポーツクライミング】野口啓代、楢崎智亜らが、自身のSNS上で声明を発表

東京五輪の延期も、野口啓代は前向きに捉えた(写真は2019年世界選手権八王子大会)
東京五輪の延期も、野口啓代は前向きに捉えた(写真は2019年世界選手権八王子大会)東京五輪の延期も、野口啓代は前向きに捉えた(写真は2019年世界選手権八王子大会)

3月24日、東京オリンピック・パラリンピックの延期が正式に決まった。「遅くとも来年の夏まで行う」としているが、実質1年の延期が見込まれている。この決定を受けて、日本国内のアスリートもSNS上でそれぞれ自身の考えを表明している。スポーツクライミングでは、野口啓代、楢崎智亜の両代表選手が、声明を発表した。

野口啓代(TEAM au)

スポーツクライミングの野口啓代は、「まだ整理がつかないというのが正直なところ」と正直に綴った。しかし、Tokyo2020(東京五輪)をメドにキャリアの進退を決めるつもりでいた野口にとって、大会の延期は、競技者としての時間が伸びることを意味している。「大好きな競技生活が1日でも長く過ごせる事をポジティブに捉えています」と前向きなコメントを寄せた。

新型コロナウイルスの感染拡大の危機を乗り越え、東京五輪の開催を願う野口は、「その大会を盛り上げる1人になれるよう、心身共に成長する時間にしていきます」と気を引き締めた。

View this post on Instagram

The historical breaking news of the postponement of the Tokyo Olympics 2020 came into me. I really can’t find the right way to control my mind. During this hard time, I can rather stay positive because I can climb longer until the last game starts. Tokyo2020 is truly my finals. Now we must fight against the disaster that the world is facing. I wish all the best for the future Tokyo2020. I will spend the time I have given to be stronger in both physically and mentally way because I want to be one of the most excited people who wish the game to be the most successful ever. —————————————— オリンピックの延期という史上初の報道を受け、まだ整理がつかないというのが正直なところです。 しかし、8月の東京五輪を集大成に位置付けていた私にとって、大好きな競技生活が1日でも長く過ごせる事をポジティブに捉えています。 今は、世界中が直面しているこの状況を1日でも早く乗り越え、楽しみにしているオリンピックが東京で開催されることを願うと共に、その大会を盛り上げる1人になれるよう、心身共に成長する時間にしていきます。 クライミングを通じて少しでもみなさんに元気をお届けできますように! ——————————————— @tokyo2020 @team_nippon @au_official #大和証券 #セブンイレブン @thenorthfacejp @raffinee_orientalbio #三井不動産 @cowsoapcp #zeta @c3fit @lasportivajp @petzl_official @newhale_japan

A post shared by NoguchiAkiyo / 野口啓代 / のぐちあきよ (@noguchi_akiyo) on

楢崎智亜(Team au)

同じく、スポーツクライミングの楢崎智亜も、「オリンピックが延期されることを知り、正直驚きました」とした上で、「オリンピックの開催がいつになったとしても、自分の目指すものは変わりません」と変わらずに東京五輪での活躍を誓った。

「僕たちアスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、夢です」と熱い思いを抱える楢崎智亜は、「1日も早くこの状況が終息する事を願っています。そして世界中のアスリートがフェアな状態で最高の東京オリンピックが開催されることを祈り」ながら、2021年の東京五輪開催に向けて、最善の準備を尽くすつもりだ。

View this post on Instagram

I’m literally shocked by the new of Tokyo2020 postponement. Nevertheless, I’m keep aiming for the same goal. No matter when the game will begin. For us, the Olympic Games is always the huge target and dream. I wish the situation would be resolved for all people, athletes, so we can enjoy fair play in the best game in Tokyo. From now on, I do what I can climb to prepare for the great future. ————————————— オリンピックが延期されることを知り、正直驚きました。 しかし、オリンピックの開催がいつになったとしても、自分の目指すものは変わりません。 僕たちアスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、夢です。 1日も早くこの状況が終息する事を願っています。そして世界中のアスリートがフェアな状態で最高の東京オリンピックが開催されることを祈って、今の自分に出来ることを積み重ねていきたいと思います。 ——————————————— photo by 小海途 良幹 @tokyo2020 #東京オリンピック @au_official #セブンイレブン @thenorthfacejp #アイディホーム @air_sleeptechnology @unparallelup @frictionlabs

A post shared by Tomoa Narasaki/楢崎智亜 (@tomoa_narasaki) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!