スポーツクライミング・IFSCリードW杯女子|野口啓代、野中生萌ら決勝進出もメダルを逃す

惜しくもメダルを逃した野口啓代
惜しくもメダルを逃した野口啓代惜しくもメダルを逃した野口啓代

10月27日、スポーツクライミング「IFSC リード ワールドカップ 印西 2019」の女子準決勝・決勝が千葉県印西市・松山下公園総合体育館で開催された。東京五輪代表の野口啓代は4位に終わりメダルを逃した。

午前中に行われた準決勝では、野口啓代や森秋彩、野中生萌、伊藤ふたば、谷井菜月、平野夏海、田嶋あいか、大田理裟、廣重幸紀ら日本勢9選手が出場。海外勢がトップ3を独占するなか、野口、野中、谷井、田嶋の4人が決勝に進んだ。

決勝では、キム・ジャイン(韓国)が世界選手権王者のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)を抜いて逆転優勝。野口は健闘するも4位となってメダルを逃した。ほかの日本勢は、野中が5位、谷井が6位、田嶋は8位だった。

IFSC(国際スポーツクライミング連盟)主催の同大会はリードのみのワールドカップシリーズ。リードはロープをつなげたハーネスを装着し、高さ12m以上の壁をどこまで登ることが出来るかを競う種目である。高度のある傾斜の強いコースを登るため、それに対する筋力と最短の手数で登る判断力が求められる。

オリンピック関連情報

スポーツクライミングは東京オリンピック(TOKYO2020)から新たに競技種目に追加された。オリンピックではリード単体での競技ではなく、「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目の複合(コンバインド)で行われる。

東京オリンピック代表内定者

【男子】

  • 楢崎智亜

【女子】

  • 野口啓代

8月に開催されたIFSCクライミング世界選手権で上位7名に入ったうち最上位選手(各国最大1名)が東京オリンピックの同種目代表に内定することになっていた。男子では同大会で優勝した楢崎智亜が、女子では準優勝だった野口啓代が代表に内定した。残る開催国枠となる男女各1枠は11月のオリンピック予選大会などで争われる。

【東京オリンピック出場枠争い】スポーツクライミング:日本の出場枠は男女各々最大2。強豪多数の国内代表争いは熾烈に

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!