【セーリング】クラス別世界選手権:49erFX級でアンセナ組が東京オリンピック内定

セーリングのクラス別世界選手権オークランド大会(ニュージーランド)が現地時間12月8日、全日程を終了した。49erFX級では、山崎アンナ(ノエビア・日本体育大学)髙野芹奈(ノエビア・関西大学)組が総合20位となり、Tokyo 2020(東京五輪)の同級日本代表に内定した。

宮川恵子とともにリオデジャネイロ五輪へ出場した髙野芹奈は、2回連続のオリンピックとなる
宮川恵子とともにリオデジャネイロ五輪へ出場した髙野芹奈は、2回連続のオリンピックとなる宮川恵子とともにリオデジャネイロ五輪へ出場した髙野芹奈は、2回連続のオリンピックとなる

■49erFX級(女子)

49erFX級には、日本から4組が出場。5日まで行われた結果、上位25チームのみが出場する上位決勝「ゴールドフリート」には、アンセナ(山崎アンナ・髙野芹奈)組のみが進出となった。アンセナ組は総合20位でフィニッシュ。国別順位は16位となった。

この結果、日本セーリング連盟(JSF)オリンピック強化委員会による「2020年東京オリンピック代表選考順位」で首位に立つとともに、世界選手権で「東京五輪の出場国枠以内(49erFX級は21)の順位で終える」という条件を満たしたため、アンセナ組の内定が決定した。

またシルバーフリートの結果、原田小夜子・永松瀬羅(ともに株式会社豊田自動織機)ペアは総合40位、波多江慶・板倉広佳(ともに株式会社豊田自動織機)ペアは同44位、松苗幸希(無所属)齊藤由莉(早稲田大学)ペアは同57位となった。

■49er級(男子)

日本からは古谷信玄・八山慎司(ともにエス・ピー・ネットワーク)ペアが出場。予選9レースを終えて94点で34位(低得点方式=点数が低い方が高順位)となり、決勝シリーズはシルバーフリートに回った。同ペアは後半4レースを棄権(DNC)。総合55位(国別順位22位)で終えた。

古谷・八山ペアは日本代表選考3レースを終え、同ポイントの首位に立っているが、「世界選手権で東京五輪の出場国枠以内(49er級は19)」の条件をは満たせず。49er級は、2020年2月にオーストラリア・メルボルンで開催される世界選手権が最終選考レースとなる。2020年世界選手権で条件を満たし、なおかつ日本人最上位となるペアに内定が与えられる。

■フォイリングナクラ17級(男女混合)

日本からは、梶本和歌子(橋本総業ホールディングス株式会社)川田貴章(ミキハウス)ペア、飯束潮吹・畑山絵里(ともに株式会社エス・ピー・ネットワーク)ペア、深沢瑛里・田中航輝(ともに富士通株式会社)ペアの3組が出場。いずれもシルバーフリートに回ることとなった。梶本・川田ペアは総合28位、飯束・畑山ペアは同30位、田中・深澤ペアは同51位で、2019年世界選手権を終えた。

ナクラ17級の出場国枠は20で、梶本・川田ペアは国別順位16位。2020年の世界選手権を含めて行われる代表選考レースとしては、梶本・川田ペアが11ポイント、飯束・畑山が9ポイントを獲得した。

ナクラ17級・日本代表選考順位

  1. 梶本和歌子(橋本総業ホールディングス株式会社)川田貴章(ミキハウス)17pt
  2. 飯束潮吹・畑山絵里(ともに株式会社エス・ピー・ネットワーク)13pt
  3. 深沢瑛里・田中航輝(ともに富士通株式会社)0pt

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!