【セーリング】49ER/49ERFX/NACRA17世界選手権ジーロング第2日:日本から6艇が参加

49er級(男子)、49erFX級(女子)、フォイリングナクラ17級(男女混合)の世界選手権がオーストラリア・ジーロングで開幕。2月10日に大会初日を迎えた。すでに内定が出ている49erFX級を除く2種目は、Tokyo 2020(東京五輪)日本代表選考の最終大会となる。

男女混合種目のフォイリングナクラ17級(写真は2019欧州選手権の梶本和歌子&川田貴章)
男女混合種目のフォイリングナクラ17級(写真は2019欧州選手権の梶本和歌子&川田貴章)男女混合種目のフォイリングナクラ17級(写真は2019欧州選手権の梶本和歌子&川田貴章)

日本からの参加艇は以下の通り。

■49er級

  • 高橋 稜(オークランド大学)&小泉維吹(早稲田大学)
  • 古谷信玄&八山慎司(ともに株式会社エス・ピー・ネットワーク)

■49erFX級

  • 山崎アンナ(ノエビア・日本体育大学)&髙野芹奈(ノエビア・関西大学)

■フォイリングナクラ17級

  • 飯束潮吹・畑山絵里(ともに株式会社エス・ピー・ネットワーク)
  • 梶本 和歌子(橋本総業ホールディングス株式会社)&川田貴章(ミキハウス)
  • 田中航輝&深沢瑛里(ともに富士通株式会社)

大会初日の10日は、天候不良により3種目ともレースが中止。大会2日目の11日から競技が開始された。予選第3レースまでの結果は以下の通り。(低得点方式、点数が低い方が上位)

■49er級(国・地域27/78艇)

  • 26位 高橋・小泉 9-4-17
  • 45位 古谷・八山 7-18-20

■49erFX級(国・地域23/44艇参加)

  • 26位 山崎・髙野 2-14-20

■フォイリングナクラ17級(国・地域15/34艇参加)

  • 24位 飯束・畑山 33-8-28
  • 27位 梶本・川田 24-30-16
  • 33位 田中・深沢 30-33-33

セーリング日本代表選考については→【東京オリンピック出場枠争い】日の丸セーラーズ、開催国枠確保も実力がなければ辞退の方針。その厳しい選考方法とは

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!