チーロ・インモービレについて知っておくべき9のこと|プレースタイルや経歴、私生活について紹介

19-20シーズンの前半戦で目覚ましい活躍を見せたチーロ・インモービレ。シーズン折返し時点で1試合未消化ながら20ゴールをマークし、5大リーグで最も多い得点数を記録している。そんなインモービレのプレースタイルや経歴、私生活について知っておくべき9のことを紹介する。

ラツィオで得点を量産するチーロ・インモービレ。そのキャリアは波乱に満ちていた
ラツィオで得点を量産するチーロ・インモービレ。そのキャリアは波乱に満ちていたラツィオで得点を量産するチーロ・インモービレ。そのキャリアは波乱に満ちていた

①:豊富な運動量が持ち味

インモービレのプレーの土台になっているのは豊富な運動量だ。相手選手に積極的にプレスをかけ、味方のためのおとりになることをいとわない。

また、攻撃の際にはDFから離れたポジションに位置を取る。味方からのパスが期待できる場面では、そこから一気に走りだすため、DFは彼を捕まえるのが難しい。もし相手の対応が遅れれば、自身の武器であるスピードと決定力を持って一気にゴールを奪いにいける。

また、DFがインモービレをマークすれば、そこに空いたスペースに入り込む味方へチャンスメイクもする。これがインモービレの強みだ。

②:イタリアの強豪ユベントスでプロデビュー

インモービレは1990年にナポリのトッレ・アンヌンツィアータという港町で生まれ、地元のスクールでサッカーを始めた。12歳の時に地元ナポリのクラブであるソレント(当時セリエD)のユースチームに加入し、選手としての力を高めていった。

転機が訪れたのは17歳の頃。ソレントのユースチームでの活躍が強豪ユベントスのスカウトの目に留まり、同クラブへの移籍が実現する。インモービレはユベントスの下部組織でも活躍を続け、19歳の頃にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのボルドー戦でトップチームデビューを果たした。クラブのレジェンドであるデル・ピエロと交代しての出場だった。

③:伝説的監督ゼーマンの指導で点取り屋としての才覚を開花

プロデビューを果たした次のシーズンからはシエナ、グロッセート、ペスカーラといったセリエBのクラブへとレンタルされる。このうち最も輝いたのはズデネク・ゼーマンに指導を受けた11-12シーズンのペスカーラ時代で、28ゴールでセリエBの得点王に輝いた。後にインモービレはゼーマンから受けた指導が「戦術面、技術面で自分の基礎になった」と振り返っている。

④:トリノ在籍時にセリエA得点王に ドイツの名門へ渡る

セリエBのペスカーラでヒットした2シーズン後の13-14シーズンはトリノに在籍。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の下、22点を記録してセリエAの得点王に輝いた。チームも前年の16位から7位へと躍進し、UEFAヨーロッパリーグ出場権を手にした。

インモービレはこの功績で世界中にその名を知らしめ、ドイツの強豪ボルシア・ドルトムントへと1850万ユーロで移籍。バイエルン・ミュンヘンへと渡ったロベルト・レヴァンドフスキの穴埋めとしての補強だった。

⑤:言葉の壁にぶつかり国外挑戦に失敗

エースの穴埋めとしての活躍を期待されてのドイツ移籍は、インモービレにとって苦難の時となる。ブンデスリーガで24試合に出場したものの、慣れない環境に苦しみ、わずか3得点しかできなかった。「ドイツ語は本当に難しかった」と本人が振り返るように、言語の問題がチームメイトや監督とのコミュニケーションの壁になってしまった。

インモービレはドルトムントでの挑戦を1シーズンで終え、15-16シーズンにセビージャに移籍する。しかし、スペインでも思うようなプレーはできず、半年で古巣トリノへとローン先を変えることになった。

鳴り物入りで入団したドルトムントでは、期待を大きく裏切る結果に終わってしまった
鳴り物入りで入団したドルトムントでは、期待を大きく裏切る結果に終わってしまった鳴り物入りで入団したドルトムントでは、期待を大きく裏切る結果に終わってしまった

⑥:イタリアで復活 ラツィオのレジェンドに

ドイツとスペインで苦しい時間を過ごしたインモービレは、16-17シーズンにセビージャからイタリアのラツィオへと950万ユーロで完全移籍。ここでかつての輝きを取り戻していく。

開幕戦のアタランタ戦でいきなりゴールを決めると、10月にはリーグ戦全試合で得点と爆発。リーグ戦が終わってみれば、36試合で23ゴールと完全に点取り屋としての自信を取り戻していた。

プロデビュー以来、毎シーズンのように移籍を繰り返していたインモービレはその後もラツィオに定着し、17-18シーズンには29得点で得点王に輝き、19-20シーズンには同クラブでの公式戦100ゴールを達成。名実ともにラツィオのレジェンドとなり、自身も「ここでキャリアを終えたい」と口にするようになった。

⑦:親友はペスカーラ時代に同僚だったインシーニェとベラッティ

プロデビュー以来、様々なクラブを転々とするキャリアを送ったインモービレ。それでも、私生活では若い頃の友人との結びつきが強いようだ。

インモービレはペスカーラで同僚だったロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)とマルコ・ベラッティ(パリ・サンジェルマン)と仲がよく、イタリア代表で一緒になった際にしばしば3人で仲睦まじい様子を見せる。また、妻のジェシカさんともペスカーラ所属時代に出会っている。

⑧:飛行機が大の苦手

国内と国外の各地を転戦するサッカー選手は、飛行機での移動が不可避。ただ、インモービレは飛行機の離陸が大の苦手で、怖がる様子をしばしばチームメイトに撮影され、SNSへとアップされている。

⑨:ゲームが大好き

インモービレは大のゲーマーで、特にサッカーゲームの「FIFA」を気に入っている。奥さんのインスタグラムには、声をかけてもゲームに夢中で一切反応しないインモービレの姿がしばしばアップされている。

本人も「妻よりプレイステーションの方が好き」と口にするほどゲーマーであることを自覚しているが、ゴールの後には奥さんのイニシャルである「J」を指で形作ったり、まだ幼い子どもの面倒を見てあげたりと、実は家族な思いな性格だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!