テキサス・レジェンズの馬場雄大が先発で7得点6リバウンド【Gリーグ】

3戦連続の先発出場を決めたテキサス・レジェンズの馬場雄大(写真はNBAマーベリックスのピストンズ戦)
3戦連続の先発出場を決めたテキサス・レジェンズの馬場雄大(写真はNBAマーベリックスのピストンズ戦)3戦連続の先発出場を決めたテキサス・レジェンズの馬場雄大(写真はNBAマーベリックスのピストンズ戦)

現地2月6日(日本時間7日)、NBA傘下Gリーグのテキサス・レジェンズが、本拠地でアグアカリエンテ・クリッパーズと対戦した。レジェンズの馬場雄大は3試合連続で先発して7得点をマークし、チームは123 – 107で勝利した。

馬場は先発した第1Qでは無得点。第2Qは途中から出場し、残り1分28秒、3Pシュートでこの日の初得点を決めた。第3Qは得点には結びつかなかったが、リバウンドやアシストで貢献し、続く第4Qではレイアップと2本のフリースローを沈めた。最終的に35分出場して、7得点6リバウンド1アシスト1スティールをマークした。

馬場は現地1月30日のメンフィス・ハッスル戦でGリーグでの自己最高19得点を記録すると、続く1日のノーザンアリゾナ・サンズ戦では初先発出場を果たし、再び19得点。その後2日のオースティン・スパーズ戦でも先発して18得点を記録していた。 

レジェンズはこの試合で戦績を18勝15敗とし、ウェスタン・カンファレンス6位に。次戦は8日(日本時間9日)、アイオワ・ウルブズと対戦する。

なお、NBAとのツーウェイ契約を結ぶ渡邊雄太は、この日グリズリーズの遠征に帯同中のため、ハッスルの試合には出場しなかった。ハッスルは現在、24勝9敗でウェスタン・カンファレンス首位。次戦は8日(日本時間9日)、サウスベイ・レイカーズ戦だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!