テニス

テニス世界ランク【9/30版】:錦織圭は8位に留まる、大坂なおみも4位をキープ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
右肘の負傷により、楽天オープンの欠場が決まった錦織

男子プロテニス協会(ATP)と女子プロテニス協会(WTA)は9月30日付の世界ランキングを更新した。男子は上位勢に変動はなく、錦織圭(日本)は前回同様8位になった。

ATP世界ランキングのトップ3は、1位がノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2位がラファエル・ナダル(スペイン)、3位がロジャー・フェデラー(スイス)と、前回と同じランキング。「サンクトペテルブルク・オープン」で優勝したダニール・メドベージェフ(ロシア)は4位をキープした。

1位のジョコビッチは、9月30日から本戦が開催される「楽天ジャパンオープンテニス選手権2019」(東京都江東区有明)に初めて出場する予定だ。

同大会に出場予定だった錦織は右肘の負傷により欠場が決定した。

WTA世界ランキングにおいて「東レ・パンパシフィック・オープン」で優勝を果たした日本の大坂なおみは前回から変動はなく、4位に位置した。

WTAの世界ランキングのトップ3も変わらず、1位はアシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位がカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、3位がエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)となっている。4大大会(グランドスラム)の1つ、全米オープンを制した19歳のビアンカ・アンドレスク(カナダ)は順位を1つ下げて6位となった。

大坂は現在、9月27日から行われている「チャイナ・オープン」に出場。1回戦に勝利し、10月1日の2回戦でアンドレア・ペトコビッチと対戦する予定だ。

そのほかの日本人選手は、男子は西岡良仁が77位、杉田祐一が126位、ダニエル太郎が127位、添田豪が133位、内田靖崇が136位、伊藤竜馬が141位。女子は、土居美咲が74位、日比野菜緒が92位に位置している。