テニス全豪OP:西岡良仁が4年連続の初戦突破。伊藤竜馬と日比野菜緒の試合は雨の影響で1月21日に順延

全豪オープンで4年連続の初戦突破を果たした西岡良仁
全豪オープンで4年連続の初戦突破を果たした西岡良仁全豪オープンで4年連続の初戦突破を果たした西岡良仁

テニスの全豪オープン男子シングルスが1月20日にオーストラリアのメルボルンで行われ、世界ランク71位の西岡良仁は同40位のラスロ・ジェレ(セルビア)を6-4、3-6、6-2、7-6(7-1)で破り1回戦を突破した。2時間54分に及ぶ接戦を制して同大会で4年連続となる初戦突破を果たした西岡は、1回戦を逆転で制した同32位のダニエル・エヴァンス(イギリス)と2回戦で対戦し、自身初の3回戦進出を目指す。

なお、大会連覇を目指す世界ランク4位の大坂なおみは女子シングルス1回戦で同59位のマリエ・ボウズコバ(チェコ)をストレート(6-2、6-4)で下した。2回戦では同42位ジェン・サイサイ(中国)と対戦する。

当初は男子シングルス1回戦の伊藤竜馬対プラジュネシュ・グネスワラン(インド)と女子シングルス1回戦の日比野菜緒対ポン・シューアイ(中国)も行われる予定だったが、降雨のために試合を消化できず、1月21日10:30に順延することが決定している。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!